歯科で自信が持てる歯を手に入れる~もう歯なさない~

dentist

治療期間が短い

部分矯正の魅力について

Dental treatment

今後、部分矯正に興味を持つ人が増えるといわれていて、それは、機能面だけではなく口元の美観なことにも、注目され始めているからです。部分矯正では、全体矯正と比べて治療期間を短縮することができ、ほとんどの人の治療期間は1年程度で終了するといわれています。さらに、部分矯正では歯の動く速さ等にもよりますが、軽度の治療であれば3ヵ月ぐらいで終わってしまうこともあるのです。それに比べ、全体矯正は、一般的に2年半ぐらいかかりますので、治療期間の長さの違いが分かります。また費用の面では、全体矯正の3分の1程度で部分矯正ができるといわれていますので、今後は、さらに部分矯正の治療を受けたいという人が、増えると予想されています。

早期な治療と治療期間の早さに注意する

口元は、異性に与える第一印象に影響を与えるといわれていますので、歯の治療では、機能面だけではなく、美観にも焦点を当てることも必要になりそうです。歯科矯正では、早期に治療を始めることが望ましく、それは悪い方向に生えた歯をそのままにしておくと、他の歯等に悪影響を及ぼす可能性があります。ですから早めに治療を始めることが大切なのです。また、全体矯正と比べて治療期間が短くなるのですが、適正な治療期間がありますので、他の早く矯正できる治療とは混同しないで下さい。早さだけを売りにしている矯正と、部分矯正の早さの理由には、違いがありますのでご注意下さい。また、部分矯正で治療をする際には、他の歯の状況も考えて、総合な治療を行うことが必要です。

Copyright ©2015 歯科で自信が持てる歯を手に入れる~もう歯なさない~ All Rights Reserved.

This template downloaded from: freewebsitetemplates.com